【子犬】ボーダーコリー成長記録・2ヵ月編

こんにちは、しかくです!今回は我が家のアイドル、ボーダーコリーのルナの成長記録をまとめました。2ヵ月のボーダーコリーの可愛さが伝われば嬉しいです!

スポンサーリンク

体重と見た目

体重は2kg。片手で抱っこできる大きさでした。目はほんのりグレーがかっていました。口回りや肉球がピンクでぷにぷに。動きはあどけなく、ぽてぽてと歩く姿はぬいぐるみのようでした。

毛は短くふわふわとしていました。後ろ姿はまさに キウイ でした!笑

※シールは合成です

ぽてぽてと歩く姿が見れる動画がこちら↓

甘噛みと突進癖

動くものを追いかけ、容赦なくがぶがぶと嚙みついてきました。乳歯といえど力一杯噛まれると痛かったです。爪も鋭く、手加減しないので手や足は傷だらけでした。手は噛まれるのが分かっているので心構えができるのですが、足は予測できないのですごく痛かったことを覚えています。

またこの当時はゲージが1個しかなかった為、昼間はリビングに、寝るときは主寝室に毎日運んでいました。その時に足を噛んでくるルナさん!!!ゲージで足元が見えないのでルナを蹴ってしまわないか、いつ噛まれるか…毎日恐怖でしかなかったです…。少し経ってから成犬になっても使える丈夫なゲージを購入し、この恐怖から解放されました。笑

家具や植木鉢を噛み、ソファと椅子の下に付いているシールを剥がし、なんでも口に入れるので目が離せませんでした。苦い味がする躾スプレーを色んなところに吹きかけましたが効果は全くありませんでした。

噛み癖に効果があったのは、噛んではいいものと噛んではいけないものを根気強く教えることでした。1か月ほど教え続けたら家具を噛む癖はなくなり、手足を噛むのは少しづつ収まってきました。

鹿の角と木の棒をあげて噛む欲求を満たしてあげるのも効果がありました。7ヵ月になった今でも好きでよく嚙んでいます。

↓おもちゃ入れの取っ手を削るルナの動画がこちら

家に来てすぐは夜鳴きがすごかった

家に来て初日はずーっと夜鳴きしていました。2日目は短くなり、だんだんと鳴かなくなりました。
生まれてから住んでいた所と違うところに連れて来られたから当たり前ですよね…。少しづつここがお家だよと分かってくれるといいなあ…。

できるようになったトリック

最初はフードを使って「お座り」と「ハウス」練習を始めました。それができるようになってからおやつを用いて「お手」「伏せ」「バーン」を教えていきました。過去に実家でシェルティを飼っていましたがお座りとお手しか教えることができませんでした。なので伏せやバーンはすごく憧れていて、犬を飼うことがあったら絶対に教えようと意気込んでいました。

おやつが大好きだからトリックの飲み込みが早く、飼い主はとっても楽しいです!今では足の間をすり抜けるスルーや回るコマンドなど沢山できるようになったので、夫に動画にしてもらいたいなと思ってます。(YouTube編集は夫担当です。今は仕事が忙しく中々投稿できていない状況です…。)

↓初めてトリックに挑戦した時の動画です

↓お手やバーンに挑戦した時の動画です

慣れさせたこと

子犬の時期から色んなものに慣れさせるように、

  • 爪切り
  • 足の裏のお手入れ
  • ブラッシング
  • 歯磨き
  • 耳掃除

は積極的に行うようにしました。最初こそ何をされるのかとじたばたとしていましたが、だんだんと慣れてきて抵抗しなくなりました。

2ヵ月のボーダーコリーと過ごして

家に来てすぐ体調を崩したり食欲が無かったルナですが、少しづつ環境に慣れてきたような感じがしました。私たちもルナのいる生活に慣れてきたかな?というところであっという間に8月が終わりました。

娘が夏休み中にルナを迎えました。一緒にいる時間が長ければ仲良くなるのも早くていいかもと思っていました。しかし、ボーダーコリーは子犬と言えどとてもパワフルで、子犬だから手加減も知らないので、娘は噛んで突進してくるルナは怖い存在になってしまいました…。二人が仲良くなるのはまだ先のようです………。

ワクチン接種も順調に進みお散歩デビューまであとちょっと。

あとこの時、耳を掻くしぐさをよくしていたので動物病院に連れて行きました。外耳炎と診断されました。薬で治ってよかったです!

お迎え初日8/4のルナ
8/23のルナ

写真を見返すと、8/4 → 8/23 のたった20日でかなり成長してますね!朝起きると「なんか昨日より大きい気がする…」と感じるのも当然といったところですね…!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました