【一条工務店】家電収納カップボードはオススメ?1年使って感じたオススメポイント・デメリット

こんにちは、しかくです。

一条工務店のオプションの一つである「グレイスカップボード(家電収納タイプ)」。我が家は採用し、1年使ってみて、やっぱり採用してよかったなと思いました。

「家電収納のオススメポイント」「家電収納のデメリット」をまとめましたので、採用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

グレイスカップボード(家電収納タイプ)とは

グレイスカップボード(家電収納タイプ)とは、一条工務店のオプションで選べる、炊飯器や電子レンジなどの調理家電を収納するためのカップボードです。

サイズや収納しているものは以下の記事に詳しくまとめましたので、気になる方はお読みください!

以下、正式名所が長いため、「グレイスカップボード(家電収納タイプ)」を「家電収納」と記載します。

家電収納のオススメポイント

1.キッチンまわりがスッキリとする

生活感が出やすい電子レンジや炊飯器を収納できるので、カップボードの上がスッキリとします。

家に遊びに来た人も、まさかここに電子レンジや炊飯器があると思わず、とても驚いてくれます!笑

2.統一感が出る

家電収納はキッチンとカップボードと同じ材質のため、統一感が出ます。

高級感が出てとても気にっています。

3.水蒸気の排出機能が付き

湿度を感知すると換気扇が回り、湯気を外に排出するので、扉を閉めたまま炊飯器や電気ポットが使えます。

水蒸気が当たると傷んでしまわないか心配になりますが、換気扇が付いていると安心ですね。

我が家の炊飯器と電気ポットはどちらも蒸気レスなのでこの機能は使っていませんが、買い替えた時に使うと思います。

4.ゴミ箱の置き場所ができる

ゴミ箱が5つ付属されているので、新しくゴミ箱を購入する必要がありません。

また、ゴミ箱を置くスペースを間取りに取り入る必要がなくなります。

5.小さい子やペットのゴミ箱あさりの対策になる

ゴミ箱スペースは引き出し式で重さがあるので、小さいお子さんやペットがゴミ箱あさりの対策になります。

6.ホコリが溜まりにくい

電子レンジや炊飯器を使う時だけ扉を開けるので、ホコリが溜まりにくいです。

家電収納のデメリット

1.扉の開け閉めが面倒

  • 電子レンジ・炊飯器・電気ポットを使う時にその都度、扉を開けなければならない
  • 蒸気排出機能付きキャビネットを開ける時は、ゴミ箱スペースをきちんと閉めていないといけない
  • ゴミを捨てる時、ゴミ箱スペースを引き出す→ゴミ箱を開ける→捨てる

生活感は隠せますが、何かする時にはその都度扉を開ける手間があります。

2.扉に頭をぶつける

上部キャビネットを上まできちんと開けると、扉の下が175cmとなります。

普段の生活では170cmほど高さまでしか上げないので、身長175cmの夫はよく頭をぶつけます。

3.値段が高い

グランセゾンの家電収納は¥236,000(2021年4月当時)です。高額なオプションです。

しかし、我が家は「住まいの体験会」のプレミアムギフト賞で無料となりました!

家電収納はオススメ?

我が家はペットがゴミ箱をあさることができないのと、生活感が隠せるので、とても気に入っているオプションのひとつです。

家電収納の代わりに

家電収納は高額なオプションなので、

  • 自在棚とデザイン性の高い家電で見せる収納にする
  • 他社の収納を採用する

というのも価格を抑えられる案だと思います。

我が家は採用してよかったと思っていますが、情報を集めて「本当に必要か」、「代わりになるものはないか」を今一度考えてくださいね!

最後までお読み頂きありがとうございました!この記事がお家造りの参考になれば幸いです。

\ ハウスメーカーの一括無料見積もりしませんか? /

家電収納の関連記事

採用してよかったオプション一覧をまとめた記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました