【2022年春】愛犬と小金井公園のドッグランにおでかけ

こんにちは、しかくです。

先日、家族で小金井公園に遊びに行って来ました。広い公園で遊具もありドッグランもあり、娘もルナも楽しんでいたので小金井公園についてまとめてみました!

スポンサーリンク

小金井公園の詳細情報

「小金井公園」は、東京都小金井市と一部が小平市・西東京市・武蔵野市にまたがる東京都立の都市公園(広域公園)です。

公式サイト小金井公園
住所東京都小金井市桜町三丁目、関野町一・二丁目、
小平市花小金井南町三丁目、西東京市向台六丁目、
武蔵野市桜堤三丁目
地図
開園日常時開園
※ドッグラン利用登録は9:00~17:00
入園料無料
ドッグラン利用登録も無料
駐車場あり
有料・24時間
アクセス[JR中央線利用の場合]
①武蔵小金井駅下車(新宿駅から30分)
・北口バス乗場2・3番から西武バスに乗り「小金井公園西口」下車
・北口バス乗場4番から関東バス三鷹駅行に乗り「江戸東京たてもの園前」
 「小金井公園前」「スポーツセンター入口」下車
②東小金井駅下車(新宿駅から25分)
・北口バス乗場からCoCoバスに乗り「小金井公園入口」「たてもの園入口」下車
[西武新宿線利用の場合]
花小金井駅下車(高田馬場駅から急行で25分)
・小金井街道に出て「南花小金井」バス停から西武バス武蔵小金井駅行に乗り
 「小金井公園西口」下車

とても広い小金井公園

小金井公園は、面積約80ヘクタール(日比谷公園の4.8倍、上野公園の1.4倍)の広大な公園です。

公園施設は、ドッグラン、遊具(ふわふわドーム・ソリゲレンデ)、バーベキュー広場、弓道場、有料スポーツ施設、サイクリング場、多目的運動広場、SL展示場、江戸東京たてもの園があり、広い芝生エリアもあるので老若男女、ペットみんな楽しめる公園です。

東京都にはさらに広い国営昭和記念公園があります。その面積は小金井公園の2倍近いです。

小金井公園ドッグランの利用方法

ドッグラン利用登録はサービスセンター

ドッグランを利用するためには、まず利用登録をします。登録はドッグランではなく、小金井公園サービスセンターの窓口で行います。

受付時間は毎日9時から17時までです。

ドッグランからサービスセンターまでは距離があるので、ドッグランを利用される方はまずサービスセンターへ行きましょう!

しかく
しかく

ドッグランに行ってからサービスセンターへ向かってしまいました。タイムロス…

利用登録に必要なもの

畜犬登録の鑑札・狂犬病予防注射済票の鑑札が必要になります。

紙媒体の票ではなく、鑑札が必要ですのでお間違えなく!

ドッグラン登録証

ドッグラン登録証

登録が終わるとこのようなカードをもらえます。ドッグランに入るためにはこの「ドッグラン登録証」を目立つ場所につけるルールです。

紙のカードなので「カードホルダーに入れてね」と受付の方に言われました。

小金井公園ドッグランの様子

小金井公園ドッグランは、

  • 小型犬用エリア
  • 中・大型犬エリア
  • プレイゾーン(おもちゃ使用可)

の3ヵ所に分かれていました。

中・大型犬エリア
プレイゾーン(おもちゃ使用可)

全域がほぼ土面なので天気によっては泥だらけも覚悟してください…。

木々が植えてあるので日差しが強い日でも涼みながら遊ぶことができます。

我が家のルナは遊べる子がいると全力で追いかけっこ、ワンプロをするので泥だらけになりました。

しかく
しかく

小金井公園に行ったらシャンプーです

小金井公園はルナを迎えたブリーダーさんの犬舎が近く、同じ犬舎のボーダーちゃんに会えたこともあります!

ルナの犬舎は下の記事にまとめてあります。

ドッグランだけじゃない小金井公園の魅力

兄弟犬のロビンくんとルナ

桜がたくさんあり、お花見が楽しめます!

ドッグラン近くの椿の絨毯。

自然が多く、四季を楽しめます。

売店や休日にはキッチンカー(わたしが行った時は「おだんご」「クレープ」でした)も来ていて、いろんな食べ物が楽しめます!

小金井公園は子供も楽しめる

大型の遊具、ソリゲレンデ、ふわふわドームがありました。

ふわふわドームは定員と時間が決まっておりできませんでしたが、遊具とソリゲレンデで遊びました。

コロナで貸出ソリがなかったので、売店でソリを購入して遊びました。

愛犬と行く小金井公園まとめ

犬だけでなく老若男女楽しめる公園でした。

広い芝生エリアがありピクニックしたり、お散歩したり、四季折々が年中楽しめます。

入園無料なのでおでかけにいかがでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました